longboard.jp
サーフとロハス in ハワイ  ハワイでサーフィン、ランニング、オーガニック、ロハスでスローなライフを探究。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


2009.06.28 Sunday  Hawaiian Island Vintage Surf Auction

 

Hawaiian Island Vintage Surf Auction



Big Wednesday Bear バルサ製スピードシェープ2年に一度行われる、Hawaiian Island Vintage Surf Auctionが

来る7月17・18日にホノルルのある「ブレイズデールセンター」で

行われます。 ランディー・ラリック氏が中心になって

QuickSilverをスポンサーに行われます。


このオークションに出展される物はクオリティーが高く

”さすがランディー!” ネットワークの広さを覗わせます。

毎回世界各地から有名コレクターが集います。


前回の目玉は映画「Big Wednesday」のラストシーンで

ジェリー・ロペスが実際に使った赤と黄色のライトニングボルト。

僕はこの映画の大ファンなので$5000で手を上げました

・・・・が結果は$15000!

ドキドキして損したのを覚えています。 


で、肝心な今回の目玉は同じく映画「Big Wednesday」

で同じくラストシーンで、ジャン・マイケル・ビンセント扮するMattが

やはり実際に使用したBearのバルサ製スピードシェープです。

これも凄い金額になるのでしょうね。 


私も何か出展して逆のドキドキを味わってみようかな?


Big Wednesday Bear バルサ スピードシェープ

Toru




2009.05.15 Friday  Alaia


Michael Tuten


先日Wegenerから入手したパウロニアブランクスをノースに工場を構える、

ウッドボードの達人「Michael Tuten」氏にシェープして頂きました。 

電動工具は一切使わずに#600迄仕上げてもらいました。 

仕上げはハワイらしくKukuiナッツのオイル仕上げです。 

シェープはテールのフレアー以外は基本的にお任せ。


アライア テイル アライア コンケーブ アライア


仕上がりは抜群! 

ボトムのノーズの周りをベベルして、パーリングを出来るだけ避け

そのベベルをそのままワイデストポイントまで続けて

その後はアップレールにテーパーしてフレアー部分によりフレックスを残し、

波のカールへの食い込みをよくしてあります。 

ボトムはフルコンケープで走りを良くしてあります。

と言うよりかは、だそうです。


この方はOloやバルサボードなどウッドボード専門のシェーパーです。 

よって木に関しての薀蓄は凄いものをお持ちです。 

バルサもエクアドルに行って実際にブランクスを見て購入するそうです。 

例えば一般的にガンを削る場合、ノーズロッカー部分は

ボトムから計るとおよそ10インチ(約25cm)位厚みが無いとロッカーを出せません、

その為にノーズ部分は継ぎ足しをするのが普通ですが、

彼はそれが嫌で彼のオーダーブランクスは10インチ以上厚みがあって

まるで御棺箱のようだそうです。


こだわりですよね、でも削るの大変だろうなー。 




Olo


今日は、別のOloもご披露頂きました。 

この原材木、専門の研究所にて調査した結果なんと46,000年前の木だそうです。 

この木の価格$5500!

 
オロ


しかし素晴らしい木目です、まるで宝石のようで

ボードの周りを歩くとホログラムのように柄が変化していきます、

ボードを叩いた時の音もまるで木のものとは思えないような響きです、


鳥肌が立ちます。


レズンを掛けていますがその重量およそ35kg!

沈んでしまうのでは・・・・? 

Michaelはまだ原木を持っていますので、ご興味のある方はお問い合わせ下さい。


Toru




2008.12.01 Monday  Dick Brewer  ディック ブルーワー(1936- )

ディック ブルーワー(1936- )は1952年、16歳の時にカリフォルニアでサーフィンを始め、

翌年ダブルエンダーと呼ばれた『Woody Brown 9'0"』 バルサ を購入、しばらく15フィートの

大波もその板で乗っていたという。1958年には最初のボードをシェイプし、1959年初めてガンをシェイプ。

それを片手にハワイに。その後一旦はカリフォルニアに帰ってくるが、ハワイの大波が忘れられず

すぐにハワイに戻り、サンセットやワイメアでビックウェイブに乗り続ける。



Dick Brewer Pin Tail Gun


1961年ハワイでSurfboards Hawaiiをハワイのハレイワに設立。


自らシェイプしたボードやウェーバーのボードを販売していた。

主にガンをシェイプし、この かなり太めのウッドストリンガー入りの

『1963 Surfboards Hawaii Dick Brewer Pin Tail Gun』も同時期のものとなる。



ガンは1950年代初めにハワイの大波用につくられ、テールを細くすることで

波に巻かれないようにし、長く、厚く、重くすることにより大きな波でも安定させた。

当時はまだ波をまっすぐ進むことだけを考えられていた。

1950年代後半は巨大な台形のフィン''フル・ドラフト・フィン''が備えられていたが

1960年代になると後方にとがった形に進化している。

ただボードのアウトラインはかわらなかった為、直進性は相変わらずだった。



1968年にはいると軽量化が進みミニガンが誕生し、

徐々に重厚なガンは否定されていく。



← 1963 Surfboards Hawaii Pin Tail Gun 11'4''




Hobie Dick Brewer Gun


ブルーワーは1964年、ハワイの船舶がストを起こし

アメリカ本土からのボード材料の供給がストップしたことで

サンディエゴでボードを製作した。その後共同経営者とのトラブルで

サーフボードハワイを去り、ホビー アルターとの間でボードを製作し

『Hobie Dick Brewer Gun』がうまれた。

左の写真は88本存在するうちの#11。ハジー・トレントのボード。
(エイムックからの引用)


またBingで『Pipeliners』の作製や後のミニガンや

デビットヌィーヴァモデルに大きく貢献した。



ハワイカウアイ島に戻ったディック Dick Brewer Surfboardを設立。

その後家族の不幸などが有ったがその都度、シェイプに専念することになる。

彼のシェイプ理論に影響されたハワイ、カリフォルニアのレジェントたちは数知れず、

現在でもカウアイ島にてサーフィン、シェイプに従事している。









2008.02.02 Saturday  Bing Surfboards David Nuuhiwa Noserider Model  9'8''

1966-69年頃製作 
5ストリンガー,フォーム,レッドウッド,バルサ素材

Bing Surfboardsは1959年に 
Herbert "Bing" Copeland によって設立されました。


David Nuuhiwa Noseriding Model

Bingはベルジーにシェイピング
技術を習い、1960年代に数々の
ボードを製作し、その中でも
'ノーズライディングの王様'
と呼ばれていた 'ディビット・
ヌィーヴァ' のノーズライディング
モデル(左の写真)は、そのクセの
ないスタイルで40年たった今でも
絶賛されています。

WINGNUT'S ART OF LONGBOARD 3
THE QUEST FOR STYLE のサーフビデオ
にてジョエルが最後に使用しているボードが
このヌィーヴァモデルのレプリカです。

クラシックな乗り方とはどういうものか、
ジョエルの解説付きで紹介されており、
非常に勉強になります。




フラワープリント
この写真のボードは1960年代のヒッピーたちの
間で流行した、 'Flower Power' ムーブメントに
影響されて、フラワーペイントが施されています。


また、 'ディック・ブルーワー' 製作の
'Bing Pipeliner' (下の写真)は、のちのビック
ウェーブガンに多大な影響を与えることとなります。
Pipeliner
このヴィンテージボードはオークションで$4,000ほどの
価格がつけられていました。


60年代後半のショートボード革命後も、
Bingは数々のショートボード、ロングボードをつくり続けています。

また 'thrusters' と呼ばれるトライフィンを、
トライフィンが世に浸透する10年ほど前から使用していました。

Bingのボードは、ファイバーグラス、バルサ、
フォームなどを使用して軽量化が図られました。
おかげでサーファーは、お気に入りのボードを担ぎながら、
アメリカ中、世界中を旅することが出来るようになりました。
その後急速にサーフィンが広まることになります。




2006.02.08 Wednesday  究極のヴィンテージボード

ヴィンテージボードの究極とは。

1500 B.C.〜 400 A.D.
ポリネシアの人々がサーフィン
-板の上に立って波にのる-
を始めたと考えられています。

カヌーを使い漁をしていた人々の間で、
沖に止めたカヌーから岸にたどりつく方法として、
厚い木の板を利用したのだと思います。

浅いリーフの海を、かんたんに、
一番早く岸にたどりつく方法。

それが板で波をすべることでした。
彼らは stoked (ハイになる) したでしょう。

ヴィンテージボード

このカヌーに積んだ板や、カヌーに使用された
板や、そこらへんに落ちていた木片が
究極のヴィンテージボードといえるでしょう。


それからかなりの月日が経ち、
移動の手段ではなく、楽しむ為に
波に乗るという文化ができました。

これがサーフィンの始まりです。
ハワイ語で 'he`e nalu' -波をすべる- と言います。

ポリネシアの人々は生活を海に依存していました。
カヌーを使い漁をします。いいカヌーを造らなければ
漁はできません。道具にこだわり、技術を発達させます。

生活は海のそばで行い、貝をとるため、
魚を見つけに海にもぐります。

また南国日差しを避け海にはいります。
体を洗い、食料を洗います。

子供たちは木の板を海に放り投げ、
海に飛び込み、波がせまってくるのを感じ、
板の上に勢いよく立ちあがっていたでしょう。

もっと安定した板、それに遊び心が加わり
ターンのできる板へと進化させていきました。

彼らがサーフィンの文化を築き、
サーフィンが生活の一部となります。


それからまたかなりの月日が経ち、
1900年初頭、ハワイアン・コアの木を
使用した重い板で優雅にワイキキの波をすべる
デューク・カハナモクがサーフィンをみせるための
スポーツへと変貌していきます。

厚い木の板であろうが、プラスティック
であろうが、ロングであろうが、ショート
であろうが、サーフィンには言葉では説明
ができない、魂で感じるものがあり、
それを私たちは代々共有しています。

この時代を越えて永遠に引き継がれる
ソウルを大事にしたいと思います。




+ comment


Category

Surfer's House
Sufers House

まけるな和歌山

Surfrider Foundation Japan



Archives




<< / 2 / 3 / >>