longboard.jp
サーフとロハス in ハワイ  ハワイでサーフィン、ランニング、オーガニック、ロハスでスローなライフを探究。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2012.02.22 Wednesday  和歌山 ⇒ Loco920

 

砂浜の様子も気になり
久しぶりに南紀へ



工事の名目は、
台風12号前の状態に戻す、海岸修繕工事


台風前の河口が埋まって、水が抜ける位置が
かわったので、元に戻しましょう。ということみたい


※ 但し、台風12号よりずっと前は今のこの状態だったようです








現場の作業員に聞くと、


  県からの依頼だが、地元の漁業関係者の
  魚が通らない、との要望があると聞いています

  2度同じような工事をして失敗した前の業者を変更し、
  お金も、時間もかけて、しっかり工事します

  今開いている河口をしっかり埋めるので、
  再び塞がることはないでしょう




とのこと




現場の作業員は、依頼された工事をこなすだけで
自然を壊している、無駄遣いをしている、と
思わないのは仕方がない


しかし、町や県、住民、工事を見守る人は
これはおかしいと感じているはず


時間、お金を前の失敗した工事よりかければ、
元に戻るまで多少時間はかかるが、それは時間の問題


台風前の状態に戻ればいいという問題ではなく、
普段の生活や大雨時に問題がないとするなら、

少し頭で考えて、かつてそうだったように、無駄なお金を
使うのではなく、自然の状態を維持しなければならない


と誰でも(大多数は)思うはずだが。











問題はこの場所だけではないと思いますが、
テトラやコンクリートによる護岸工事をされる前に
気づいて欲しい




工事を行うなら、事前に、前にも書いた通り

地元の意見、科学的根拠に基づいた、災害に対する実際の効果、
自然への配慮、費用を利害関係のない専門家が考慮し、
判断をした上、責任者(工事後、何か問題が発生した場合の責任を取る者)
からの説明を聞ける場を、設けてください。


また工事を継続するなら、今後行ったことに
ずっと責任を持ち続けること。


税金を返せとまでは言わなくとも、反省し、
今後の参考にしてもらわないと



今回の工事に関しては、未だ明確でない、
工事をやらなければならない理由と、塞がることがないと
誰が、どのような根拠を元に、言っているかは
少なくとも教えて欲しい。









地元の奥野さんと串本の北野さんは、
消滅するかもしれないこのポイントで練習中でした


工事期間は、1月27日から3月26日

たった2ヶ月の工事、海岸修繕工事という名目で、
この綺麗な海岸を修繕(破壊)する予定です






そんな工事が行われてる中、
メインのポイントは、腰サイズがわれており
風の影響はほとんどなかった






ただ潮の引けてる時間にインサイドまで
ロングを乗りすぎ、フィンを岩にぶつけクラッシュ

今まで何度もフィンをこすってはいたが、、
油断のしすぎ

垂直に当たったみたいで、Boxが綺麗に
破壊されました。。





サイズは小さすぎることはなかったので
昼からはフィッシュで入水





久しぶりにお会いした地元のジョンくんは、いつも板が違うようだな
ドレッドヘアー、ますます伸びたな






ナカヤマさんは、日帰りで来たと思ったら、
また翌々日に同じポイントに入るという、


プールで鍛えてる姿を知っているので
パドリングがクロールに見える



お借りしたギター、

師匠のように弾けるように精進します。
大事に使わせてもらいます。







ここにやってくる県外サーファー、
ほんとフットワークが軽い、



今回知り合った、私の地元近くから
来られていたサエキさんも

日帰りで来たと思ったら、1ラウンドで帰阪


仕事がすごく忙しいみたいですが、
是非またご一緒しましょう








そして

驚いたのは、栃木県から約12時間かけ
やってきた消防団、青木さんご一行


何故にここまで、、


いつも入る茨城には、このなポイントが
ないそうです



近くの仙台などのポイントは、津波で地形がかわり
消滅し、また放射能を気にしながらサーフィン、
生活をされているようです


関西人としては、あまり実感がないけど、
そのような生活を強いられている地域がたくさん
あるのだと認識させられました


これも自然が原因だと納得せざる得ないですが、
現在、栃木の方の生活に影響を及ぼしているのは
原子力を管理出来ずに起こった人災。

話しは別





翌朝大雨で起き、ポイントに向かうと
クローズ気味





すでに風も強く、川の水も大量に入りジャンク


消防団ご一行は、朝一入られていたようです
さすが体力が違う

そして栃木へ帰って行かれました
またどこかで







お昼を過ぎ、ほんと久しぶりに
西向きのポイントにはいることに












風が入っていたが、サイズも有り
フィッシュで楽しめる波でした



2時には海を出ましたが、後から知ったのですが、
ナカイさんが3時頃から入水していた模様

彼とは、以前も同じような事が、別の場所でありました。

私はめったに海に行かないし、このポイントも
以前のポイントも、何年ぶりぐらいの感じだったのに、
すごい偶然。

というか、彼がいつも波のいい場所にいるだけか、、
私以外のフットワークの軽さが恐ろしい


みな若くないのに。
(失礼)



帰りにLoco920さんに寄り、フィッシュ用の
ニットケースをオーダー。


元々寄させてもらう予定だったが、
まさかクラッシュしたボードのリペアも
頼むことになるとは、思ってもみなかった。


ただ、普通にリペアじゃ面白くないので
オンフィンにしてもらい、少しカラーリングで
遊ぶことに。








ガレージスペースは、時間が止まったかのよう
(実際はボードづくりで大忙しみたいでしたが)



知人やら雑誌やらで、評判は伺っていたのですが
ライディングや、ボード、フィンなど、
ほんと全てにセンスが光る。

いままでシェイプしたボードの写真を見させてもらいましたが、
見たことないデザイン。こんな板で波乗り出来たら
楽しいだろうな、と思わせてくれます


ヒロさん、チカさん
ニットケースも、フィンも楽しみにしています。




色々あったような今回のトリップですが、
いつも通りの一泊


自然に癒されるのはいつも通りでしたが、
自然との向き合い方、改めて感じさせられました



新鮮なことがあると、時間、ほんと、長く感じます

若いときのように時間は余っておらず、残りの時間も
贅沢には余ってない中、ほんと良い体験が出来ました



ari





2011.02.09 Wednesday  丹後半島 と Round Pin Egg



大きな波で、大きなラインを描くことが
出来るボートが欲しいと思っている時に
気になるボードが中古で売りに出た。


関西サーファーの重鎮、村井 貴さん
Champion Factoryの木梨さん、
大阪麺類業青年会の会長でもある
中嶋さん達の話しを聞いているうちに
購入を決断。



Round Pin Egg


Tom Eberlyシェイプ、7' JT Round Pin Egg



翌日は南紀に行く予定だったが、
急遽購入した板に乗りたいという思いが
強くなり、


波があるだろう、いつもはあまり
訪れない丹後半島に行き先を変更




到着した八丁浜では、日の出前から風が
強まりだし、チョッピーなコンディション



丹後

丹後


更に風が強まる予報だったので、入水


かなり荒れ始めてはいたが、時より止む
風の合間、インサイドでエッグの乗り味を
掴むことができた。



八丁で乗るのは久しぶりだったが、
当時にも増して周辺の環境が整っていた。
子供の為の広大な公園、整備された駐車場、


ローカルが大切に環境を守っていることが
伝わってくる。


こういうポイントで波に乗ることができると、
とても嬉しくなる





海はみるみるジャンクになったので、
丹後のポイントを見て回ることにした。



丹後

丹後

丹後

丹後

丹後


丹後、どこも豪快な景観が続く



丹後


唯一かわせるポイントでは波に乗ることができた




その後、
サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン
の会長でもある守山さんが経営される、
網野の守源旅館に宿泊


女将さんの丁寧な御もてなしで出迎えられられた。



海をこよなく愛する守山さんが提供する宿は
趣と温もりを随所に感じられる


丹後 守源


ジャズが流れ、センス溢れる館内



丹後 守源


雪の積もる中庭まで望める部屋は
一人には十分すぎる程広かった



丹後 守源


貸切で利用できる温泉で、体の芯から温まる



宿内にはSoldier Blueというサーフショップを
併設しており、守山さんや、かおりさんから
この地方の興味深い話しを聞くことが出来た


サーファーは民宿以下の費用で
宿泊が可能、オーナーの器の大きさ、
やさしさに溢れていた。




コタツに入って温もっていると、すぐに
深い眠りに落ち


翌朝は4時半に目が覚め、荒れる
八丁をあとにした。



丹後



うねりをかわす難波江で乗ろうと
車を走らすが、伊根のあたりで
止むことがないだろうと思わせる雪が
降り出し、


降り積もる雪は、車をそのまま
大阪に向かわせた



ボードの感触が掴め、いつもと違った空気を吸い
様々な人達の思いを体感し、全てが新鮮な旅となった。


ari




2010.04.16 Friday  只今、シェープ中


クリス・クリステンソンクリス・クリステンソン


サンディエゴからハワイに来てシェープをしてくれている、

シェーパー「クリス・クリステンソン」オーダーを頂いた皆様の為に現在シェープ中です。 

今朝はサウスにも波が入り始めサーフィンしたいのを堪えて、早朝よりシェープ開始です。 

今削っているのはCafeRacer、 薄いテールには大分気を使って落としてますね。 



クリス・クリステンソンクリス・クリステンソン


本人的には一番注意を払うのはレールだそうです、

それ以外はものさしや計量器で図ることが出来るけど、

レールには計量器が無いので手で持った感覚だけでレールを落とします、

これが職人的なところでしょうね。 


このボードはカウアイ島のFredさんのカスタムボードです。

Fredさんこれからグラッシングに入ります、今暫くお待ち下さい。

もちろんそのほかの方々のボードも同時進行していますのでご心配なく。

所で、今夜のハワイ寒いです。 華氏60°摂氏15°。

北からの乾いた風なので余計寒く感じます。
 
明日はサウスにも引き続き波はありそうです。


 

しかし今朝のBowlsは良い波でした+空いてた(10人を超えなかった)+全員がいつもの、

それも友達系の顔ぶれで環境も大変良かった=スッゲー楽しかった。 


セットは3ft(頭からチョイオーバー)くらいでグリグリ巻いてきます。

うねりの角度があえば、テイクオフしてそのままボトムしないでフェースに張り付くと

ゴーッと被ってきます。 コツさえ覚えたらあなたもチューブに入れちゃう、そんな感じの波でした。


今朝の使用ボードは5′8×19-1/2×2-3/8、AkiraAipaのツウィンフィン・EPOXYボード。 

早かったー!タイミングが合うとグングンカットんでくれます。反応が大変良いボードでした。

今日みたいに掘れてる時は反応が良すぎちゃうかなー?。

膝腰の力の無い波にはコントロールしやすいボードだと思いました。 


明日はYUシェープの6′5Lopez・トライフィンです、

私の判断ではこのボードは「パドルが楽で、テイクオフが早くて、

よく動くボード」かと思ってます。 だって5′8、そりゃ乗れるけど、結構大変だよねー。 


調子こいてインサイドまで引っ張るとパドルバックが大変で・・・ 

乗れたら調子良いし、楽しいボードだけど、もう少しパドルが楽が良いかな???

って所でこのボードはお手頃かなと明日試して見ます。  


toru




2010.02.09 Tuesday  Greg Griffin

 
Greg Griffinノース
Mokuleia BeachMokuleia


時の経つのはなんて早いんだろう、特にここ最近早く感じます。 

今日アメリカはSUPER BOWL SUNDAY!年に一度のお祭りです。 

アメリカ人はフットボールが大好きです。

至る所でBBQを囲んだTV観戦です。 おかげで海は空いてます。 


今朝はサイズの落ち着いたノースに行って来ました。

ここ最近サウスに殆ど波らしい波が無く、

落ち着いたとは言ってもそれなりのサイズのあるノースです。 


今朝はとても良い天気、それは綺麗なノースです。

風が無いならMokuleia、頭から頭半のグラスコンディション。 

使用ボードは昨日ご本人 "Greg Griffin” 自らお持ち頂いたFireWire社製、

バンブーデッキの彼のオリジナル5フィンフィッシュです。 

フィンのサイズ・角度にも細かな神経を使えるシェーパーです。

今まで彼の5フィンのシェープボードは6ヶ月くらい待ちますが、

FW社が扱えば掛かっても数ヶ月で手に入る予定です。 

5'10"という短いボードながら5フィンの安定性でそこそこのサイズもこなせます。 


バックフィンのセンターをはずしてQwadにした方が動きが軽くて僕好みかもですね、 

しかし安定性は抜群! 

この手のボードでCCのCafeRacerを超えるボードにまだ出会えてません。 



しかし、先週のゴルフの今田選手、今週の石川選手と共に良い所まで行っているんだけど、

大変残念です。しかし、今年の今田選手は期待できそう、頑張って下さい。



toru





2010.01.11 Monday  Cafe Racer


ポール ウオーカー


そう言えばこんな方もCafeRacerライダーの一人です。 

この方、車の運転がうまい筈です。 

この間ビーチで会ったら、「このボード調子良いぞ!」って声掛けてくれました・・・


ワイルド・スピードのポール・ウオーカーさんです。 

この人はサーファーですよ、テールを見て下さい、

常識ですけど素人さんには出来ない技です。ありがとうございます。



翌日の朝も殆ど同じ状態=#4! 

波の感じは昨日と変わらず、がしかしなんとそこには!昨日の5倍以上のサーファーが・・・ 

尻尾を巻いて(Be smart?)DHへ。 腰胸のたまにオーバーヘッド、空いているDHでした。 

でも昨日の#4は楽しかったー、Ehukai+Haloフィン=調子良いです。 


明日は再びコナが吹きます、ノースはEddieコンディションSizeながら醜いオンショアーのはず。

明日は久しぶりのEast参りにしましょうか。 

噂ではここ最近、Poundersが良いらしい・・

離れ子島も出来るかも・・・楽しみです。 

結果はいかに!乞う御期待!=楽しみにしていてください。 


toru




+ comment


Category

Surfer's House
Sufers House

まけるな和歌山

Surfrider Foundation Japan



Archives




/ 1 / 2 / >>