longboard.jp
サーフとロハス in ハワイ  ハワイでサーフィン、ランニング、オーガニック、ロハスでスローなライフを探究。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


2012.09.04 Tuesday  月光、

 

久しぶりにがんちゃんと海へ

雨の中車を走らすも、いつの間にか雨はあがり
最初の目的地である基地は、月明かりに浮かびあがる




朝、

川の水がポイントに流れ込み
うねりはあるが波は小さい。

その河口は、また砂がつき、すぐに閉鎖するだろうと
思われる。奥では生活を守る護岸工事という名の元で、
重機が動くが、

目の前では、自然は自然な姿を保とうとしていた。


南紀


人の命は何事にも優先され、自己の安全の
保身をはかるのは当然だが、

自己の地位、名誉を保身する為、機械に頼り
元々そこにある自然に、後から来た人間が
いくら手を入れたところで、いずれ自分達の首を
絞めることになるだろう。


日本各地で同じようなことが起きているのだろうか

一歩引き、海から眺めると、そんなことが
よぎる。





昼、Corner Surf 角 直さんに連れられ
新宮のたなか

久しぶりに美味い焼肉を頂くことができました。

大阪で美味しいと言われる焼肉屋さんも、
新鮮な地産池消のお肉には適わないということか、



その後シェイプルームにお邪魔し、しばし見学


南紀



静かな海の前、壁にはレジェントたちの言葉、写真
様々な思いをその手にこめ、一本の板と
向き合う




夕立が降り止むと、風がおさまり、タイドが上がるとともに
川の水の影響もなくなり、コンパクトながらいつもの波に

秋の風と水を肌に感じた




その夜は、吾作さんで食事を頂くことに


角さんは、
海がただそこにあるから、海に入ればいい
心で感じ、心で愛せと言う


熱く、海についてがんちゃんに話している
角さんの話しを聞くうちに、何故ここまで
全ての海を大切にし、守ろうとしているのか、

またそこに来る人に、
海への愛を訴えかけているのか、



南紀のポイントを開拓し、守ってきた男の源流は、
遠くハワイで一人、右も左もわからず、ノースをさまよい、
そして、その人柄で得たローカルからの信頼、彼らから
教わった教訓そのものから来て、

言葉と行動で、その核心を
承継しようとしているのだと感じた



様々な話しを聞くうちに夜は更け、
そのまま角さんの家で朝までお世話になりました。

マイさん、カイト、イサム、有難うございました。




翌日の夕方、波が整う一瞬の時刻、
こんな波のない日にも、様々な人が集まっていました。


南紀

南紀 角

南紀



イサム、角さん、がんかちゃんを見ていると
このポイントが残すべき姿が見えてきた。

サーファーとして、様々な人のこのポイントへの
思いを載せて、波に乗る。



そして、堀口元気さん、真平さん、ケイジさん、

どんな大きな波を乗っていても、サイズの小さな日でも
一本の波を楽しんでいた


また今回ポイントでお会いした、新宮のヤマネさん、
だんじり柴田さん、毎週来られている辻本さん、
ワイン食堂リエゾンの伊木さん

是非また海でお会いしましょう



がんちゃん、
また素敵な歌声と寝息、聞かせて下さい





最後に角さん一家と味福、そして浜湯へ
贅沢な時間を過ごすことが出来ました。



旅の途中で地元のお店に顔を出し、話しを
聞くうちに、または無言で伝わる、その技、味を
追求していく人の姿が印象的でした。


ただ海があるから、海に入れば良い。

という言葉には、
そこに行くまでの過程と、様々な思いを共有してこそ
その意味の真髄がわかるような気がした。



夜、月に照らされる海、シェイプルーム、
小屋の前には、ただ海があるだけ



ari






2012.04.17 Tuesday  Human Chain

 

77,777kmからのスタート.


この旅、何かあるに違いない
と、二人、感じながらの出発


南紀





まずはCorner Surfさんへ、
がんちゃんのニューボードをピックアップ


南紀

南紀


美しいカラーにアウトライン
見ているだけで嬉しくなる


角さんの口から語られる、今まで全く知らなかった
様々なサーフボードに関するお話し、

ボードに対する情熱と供に、
自分のボードに乗る人への思いが
ひしひしと伝わってきました



そして、
店内で見つけたあたりまえのように
どのショップに置かれているWAXに、

『高くなり、申し訳ございません』の文字が、


また、
ボードをの会計時には、
高くて申し訳ないとの言葉


様々なサーフボードを見慣れている私にすれば、
決してその価格が高いとは思わなかったが、
流通の過程で発生するコストなどに対して、
角さん本人の口から発せられるその言葉


南紀



短いサイクルで売れれば良いという商品が
溢れる中、お客さんのことを思い、本物を追求する
職人


どの業界でも、消費中心の世の中では
手間隙かけお客さんとの会話を大切に
モノを作っていけば、消費者のことなど考えていない
大量生産されるモノの中では、埋もれてしまう


まだまだ規模の大きな日本の経済、
今のうちに、自分の感性、価値観、センスを鍛え、
良さを代々語り継げる本物を選び、

無駄な消費を減らし、人と人とが繋がるコンパクトで、
シンプルな社会を目指すべきではないかと、

角さんのサーフボードに懸ける生き様を見て
感じました




場所を海岸に移すと、無理矢理穴を開けた河口は、
既に閉塞が始まっていました

南紀

南紀

南紀


夕方の1ラウンド終了後、角さんと海を
見つめながらの自然に対するお話し、

私たちは自然の一部、
工事の下見に来るなら、一日良く海を眺めて下さい


南紀

【 写真はコーナーサーフさんのブログよりお借りしました
  タイトル、Sunset Time  】



その後がんちゃん、角さんとお風呂、お食事と、
ご一緒させて頂き、ハワイに関するお話しも
聞かせて頂くことができました

いつかまた、詳しいお話しを聞かせて下さい



その夜、
がんちゃんの基地で宿泊させて頂いた。

強烈なギターと寝息のサウンド、
有難うございました

南紀

翌朝、窓からは幻想的な風景が広がり
新たな一日が始まる



南紀


がんちゃんにすれば、これまでのボードを
乗れるまで必死にもがき、苦しみ、楽しんだ時間が
実を結び、次なるステージへと導いた、
ニューボード


私も乗せて頂きましたが、シングルフィンのドライブ、
スピードが直に伝わる、美しいだけではない
素晴らしいボードでした


それはまた、サーファーとシェイパーで
心が伝わるボード




これまでにない、新たな衝撃を受け、
新たなサーフィン人生を始めようと思った
今回の旅でした


旅でお会いしたタチバナさん、タロウさん、
マイさん、ゲンキさん、アキトさん

そしてスミさん、がんちゃん


全てが私の一部となりました



ari






2011.01.29 Saturday  憧れのお客様です

 

すみません、私のつたない予想に反し、
Volcom Pipe ProはON! 
以外に波落ちなかったんです。 

今日もこれまたグラッシー、ピカピカのフェイスでした。 
やはりJohnJohnは異世代の若者、凄いです。

でもその凄いことをやっているように、やってないんです。
決勝ヒートのSuper Late Take Off!
僅かに待ちすぎた波はいきなり掘れて
テイクオフの瞬間には彼は既にチューブの中でした。 


このあたりから探してください。



明日から又上がって来ます、今このノースを
攻めに日本から吉川祐二プロが来ています。 

去年は父親にもなり、熟世紀を迎えた感じです、
そんな祐二にぴったり感のクリスのビッグウェーブロング、
テールの絞り方はブリューワー譲りの良い感じです。 
通いなれたノースで良い所攻めて,良い写真残してください。

 





今夜は突然茅ヶ崎はフリュード・パワーのオーナー
ジョージ藤沢さんに来て頂きました、憧れの大先輩です。 


昨年の秋には60歳の還暦パーティー開催と
時を同じくして、その年最初で最後の本格的な
台風スウェルが湘南に入り、その時に残された写真は

「自分も還暦の時に、こんなサーフィンが出来るように頑張ろう!」

と思わせるものでした、


そのパーティーにハワイから参加していた
ランディー・ラリックさんからもそのスウェルを
ジョージさんと一緒に楽しんだこと聞いていました。 


皆さんも是非御覧になって見て下さい。




2010.12.01 Wednesday  SeaJack



体調不良は続くが、海、
我慢できずに波乗りに。

波は小さかった。


南紀


しかし形良く、朝のうちは誰もいない沖で
4ヶ月ぶりのパドルボード、

小さいうねりながら、楽しめた。



南紀


夕方もサイズは上がらなかったが、ロングで楽しめた。




南紀


南紀、冬はまだ遠く、初秋の装い。



Heavens Back Door


和歌山のジェフリーズなどをホームとする
べーやんさんの板。宮崎を拠点とする
Heaven's Backdoorのもので
かなり調子が良いとのことでした。




翌朝もサイズは小さいまま。


海から上がってくると、渋い車。

SD-Style


大阪、南堀江にSD Styleと、阿倍野にMalibu
という店を構えるあまさん所有の車。

しょうさんとともに、最近ショートから
ロングに乗り換えて楽しんでいるとのこと。

この車、かなり大きいですが、同じシリーズの中では短い方らしい。



お隣りには、堀口鉉気さんの車が。
お話しするのは初めてでしたが、非常に気さくな方でした。
今から乗るとのことで、ライディング、
見させて頂きました。



堀口 鉉気

堀口 鉉気


大きい波に乗るイメージしかありませんでしたが、
小さい波では、力を抜いて、波にあわせて乗られていました。



SeaJack


乗っていたのは、小さい波用のこの板。
最近はまっているようです。

小さい時でもテイクオフが早く、ターンもしっかり、
かなり楽しめそうという印象でした。




その後、シェープルームにお邪魔し、
色々とお話しを伺いました。



SeaJack


和歌山らしく、みかんに囲まれたシェープルーム。


SeaJack



友人の為にシェープされているパドルボード。
最初で最後のSeaJack製パドルボードになるかも
とのお話しでした。

全ての工程を一人でやられ、1本のボードに
かける時間がかなりかかってしまう為ですが、
友人からの依頼ということで、このパドルボードに関しては、
製作することにしたそうです。



どの板をシェープするにも、その人、乗る波にあわせた板しか
シェープしないということで、とても細かく、どういう乗り方をしたいのかと
いうことを、オーダーする側と追求されるようです。




SeaJack



そして、今日本人が乗られていたのと同じモデルのフィン。
今までに見たことないものでした。

ツインと思いきや、センターに薄くて低いフィンが。
自ら試行錯誤し、この形になったようで
ターンの時の乗り味が、かなり良くなったそうです。

まさにあのポイントブレイクの、
小さい時用というのが感じられます。



波乗りや板だけでなく、最近の世情や環境に
とても関心を持たれており、ザクーンアイランドという
活動を行っているようです。


波乗りや世の中のこと、まだまだ知らないことが
溢れています。奥が深い。



ari




2010.08.29 Sunday  Duke Ocean Fest 2010




  



Duke Fest関係者の皆様お疲れ様でした。 
今日を持って無事終了致しました。 


レジェンドチーム戦はかなりの激戦の結果、
御大・ドナルド氏率いるTeamRainbou Drive Innが見事優勝致しました。
チームメイトをもう一度、アイビン・ハラダ、ソーユ・カワモト、ディノ・ミランダ、
ボンガ・パーキンス、そしてドナルド・タカヤマの5人チームでした。 


おめでとうございます。
チームオーナーは勿論レインボウドライブインのジミーさんでした。 
ジミーさんは毎日、大会関係者に朝食とランチを提供してくれていました。 
有難う&おめでとうジミーさん。



  



御大は今朝の第2ラウンドではクイーンズピークから
ベビークイーンズを超えてビーチまで乗りつけるロングライドを2本決めたり、
よーーくリーフを知ってるなーって関心させられました。
皆さんの使用ボードは勿論すべてハワイアン・プロ・デザインです。(除ボンガ)



 


toru




+ comment


Category

Surfer's House
Sufers House

まけるな和歌山

Surfrider Foundation Japan



Archives




/ 1 / 9 / >>